2013.08.12 UPDATE
<English>

Sanchan Presents - Sanchan has"Tony Mills's CD"

Jacket Songs Form/Country/ Year/Label /Number Comment
Metal Warriors 『THE LANGUAGE OF MENACE/SIAM』
 01. The Language Of Menace
 02. Open Your Eyes
 03. Signals Of Intuition
 04. Midnight Connection
 05. It Ain't Easy
 06. The Search
 07. Cato Street
 08. The Fall
 09. So Wild Is Our World
 10. Nightfight To Heaven
 11. The Last Sunrise
CD
JP
1994
ZERO Corp.
XRCN-1195
Tony Mills(Vo), Chris Ward Evans(G), Darren Horton(G), Andy Faulkner(B), Pano Moullaris(Ds)のメンバーでTonyがSHY脱退後、最初のアルバム。SHYの様なHard Popと言うよりは、Geoff Tate要するQueensrycheと言う感覚が強い。バンドのサウンド自身がQueensryche的で、そこに伸びやかなTonyのボーカルが載ってくるので、近いものとなるだろう。ただ、こういう一面も聞けると言う事がファンにとっては嬉しい。
Once Bitten... Twice SHY 『Prayer/SIAM』
 01. A Passage To God
 02. Sacrifice Divine
 03. Interaction
 04. Sleepwaves
 05. Liberty
 06. Queen Of Swords
 07. New Age Warning
 08. Transcendence
 09. Animas
 10. Christian
 11. Raison D'Etre
 12. The Language Of Menace (Acoustic Version)
CD
JP
1995
ZERO Corp.
XRCN-1253
ギタリストのDarren Hortonが脱退し、Ian Richardsonが新たに加入するが、前作の延長線上にある作品。より一層Queensryche路線が強くなったように思うのが、曲の作風に幅が出てきた為だろう。ただ、Queensrycheにも言える事だが、CD1枚聞くとお腹いっぱいになってしまうほど濃厚な音楽が展開されている。
Cruiser 『Cruiser/Tony Mills』
 01. Only Love Knows Why
 02. Keep The Faith
 03. As Sure As The River Runs
 04. When Two Worlds Collied
 05. Walking Away From Love
 06. We've Got The Night
 07. Hearts Under Fire
 08. Into The Unknown
 09. Dressed In Music
 10. Don't Look In The Mirror Much
CD
EEC
2002
Z Records
ZR 1997065
TonyはSIAMを解散させ、1999年にSHYへ復帰をする。そんな中、『Unfinished Business』とほぼ同時期制作されたTony初めてのソロアルバム。ジャケットは何かのエンジンの様なものでハードな内容を期待させてくれるが、ブルージーでミディアムテンポの大作系の曲が多い。Tonyに合っているのかな?と疑問もあるが、曲が良く出来ていてのんびりと音楽を楽しむことが出来る。ただ、やっぱりSHYの様なサウンドでTonyの歌を聞きたくなる。
Freeway To The Afterlife 『Freeway To The Afterlife/Tony Mills』
 01. Salvation In The City
 02. Somebody Up There
 03. The Healer
 04. Don't Hurt Me Any More
 05. Sensational
 06. Revelation
 07. Airwaves
 08. Gemini
 09. Freeway To The Afterlife
CD
UK
2005
Heavy Metal Records
No Number
オープニングから驚きだ。ホーンセクションに女性コーラス。言われないとTonyのアルバムだと言う事に気が付けない。まるでAORのアーティストのアルバムだ。このアルバムを聴く限りはHard Rock/Hard Popは完全に封印されている。SHYを聴いてきた我々からすると、Tonyのボーカルが聞けるのは嬉しいが、残念な気分だ。でも、良質なAORを堪能できる素晴らしいアルバムだ。
Crank It Up 『Crank It Up/The Andersson Mills Project』
 01. Crank It Up
 02. Skin And Blood
 03. Search And Deatroy
 04. No Rights
 05. Kill For Love
 06. Smile
 07. Nothing But Poison
 08. Head On Collision
 09. Anyone
 10. Straight From The Heart
 11. Hard To Beat
 12. Bleeding Heart
CD
??
2006
P&C Midas Entertainment Group
/Z Records
ZR 0497121
Tony MillsがギタリストのLinkan Anderssonと制作したアルバム。Pop RockではあるがメロディアスなPopではなく、どことなくアメリカナイズされたリズム重視なPop Rockである。Z Recordsはこういう音楽をMelodic Rockと言うのであろうか?疑問を抱いた・・・と思っていたが、いろんな局面でTonyらしいメロディラインが登場するのも事実だ。そういう意味ではなかなか興味深いアルバムとなっている。が、個人的には好きな部類ではないが、不思議な感覚で結構楽しめるのも事実だ。アルバム後半の方が楽しめた。
The New Territory 『The New Territory/TNT』
 01. A Constitution
 02. Substitute
 03. Are You Blind?
 04. Golden Opportunity
 05. Something Special
 06. Now We're Talkin'
 07. Wild Life
 08. Fountain Of Love
 09. June
 10. Can't Go On Without
 11. 2 Second Away
 12. Milestone River
 13. Let's Party Mills
 14. Don't Come To Near
 15. Harley Davidson (Live)
CD
JP
2007
TNT Records
 /AVALON
MICP-10664
Tony Mills(vo), Ronni Le Tekro(g), Diesel Dahl(ds), Victor Borge(b)の4人。複雑な気分だ。TNTでもなければTony Millsでもないと言う感覚が強い。新たなバンドが誕生したと捉えるべきかもしれない。TNT側からすれば、今までよりもラウドな感じが強くなった気がするが、それはTonyだからと言うよりも時代の流れの様な気がする。一方でTonyのボーカルがラウドなサウンドにマッチしないような気がして、違和感を感じる。ただ、やはりTonyにはHard Rockが合っているんだって言う感覚になれる。そして新たなTNTがここからスタートするんだと言う気持にもさせた貰える。
Independence Day 『Independence Day/Liberty N' Justice』
 01. Doubting Thomas (John Corabi)
 02. Monkey Dance (Jack Russell)
 03. Soldier (Kelly Keagey/Mark Slaughter)
 04. My Sacrifice (Shawn Pelate)
 05. Phoenix (Pete Loran)
 06. Independence Day (Kelly Keeling)
 07. Meet My Monster (Tony Mills)*
 08. Praying For A Miracle(Ted Poley)
 09. Fade (Jamie Rowe)
 10. Bullet, Train, Breakdown (Jaime St. James)
 11. Addiction (Jani Lane)
 12. Wake The Dead (Ez Gomer)
 13. Snake Eat Snake (David Raymond Reeves)
 14. Alittle Bit of Love (Mark & Shannon Hovland)
MP3
??
2007/10/2
Lnj Records
 
Vital Designs 『Vital Designs/Tony Mills』
 01. A Vital Designs
 02. Give Me A Reason
 03. A Conspiracy
 04. Say It One More Time
 05. Exclusion Zone
 06. Miles From Nowhere
 07. Neurotic
 08. Action
 09. Tears In Lisbon
 10. In For The Kill
 11. God Called My Name
 12. Sunniva
 13. Glory Days
 14. The Naked And The Dead (Bonus Track)
CD
JP
2008
Phoenix/AVALON
MICP-10749
やはりソロの前作やはりソロの前作の評判が良くなかったのか、TNTへの参加が影響したのか、このアルバムではHard Rock/Hard PopなTonyを堪能できる。オープニングからワクワクさせてくれるようなイントロ、そしてTonyらしいハイトーンボーカル。こんなTonyが聞きたかった。TNTへの参加に。、よって変化が起こったのかは分からないが、私の知ってるTony Millsって感じがする。
Atrantis 『Atlantis/TNT』
 01. Hello, Hello
 02. Peter Sellers Blues
 03. Baby's Got Rhythm
 04. Tango Girl
 05. Me And Dad
 06. Atlantis
 07. The Taste Of Honey
 08. Bottle Of Wine
 09. Missing Kind
 10. Love Of My Life
 11. Had It, Lost It, Found It
 12. June (Live'07)
CD
JP
2008
TNT Records
 /AVALON
MICP-10771
違和感を感じるのはどこかでTony Harnellを期待している自分が居るからの様な気がしてきた。そこでTNTサウンドが大きく変わったと感じるのは、TNTがTony Millsにサウンドを合わそうと言う事の現れかもしれない。ただ、前作よりも一体感は感じるものの、まだバンド+ボーカルと言う感じは否めない。そう思うとTNTの以前の曲はTony Millsが歌うとどんな感じになるのだろうかと余計な事を考えてしまった。まぁ、それはこのアルバムの評価とは直接関係ないことだな。
Twilight Of Destiney 『Twilight Of Destiny/China Blue』
 01. What Do You Need But Love
 02. I Feel Like Dying
 03. Changing Ways
 04. So Wrong
 05. Don't Be A Stranger
 06. Crimes
 07. Passions
 08. Movin' On
 09. Twilight Of Destiny
 10. Lost
 11. Take Me As I Am
 12. A Last Goodbye
 13. Don't Be A Stranger (Acoustic)
CD
JP
2008
FRONTIER/King
KICP 1349
Tony Mills(vo), Josh Ramos(g), Eric Ragno(key), Ronny Smith(g), Doug Odell(b), Zane Petersen(ds)と言うメンツに曲によってはFabrizio Grossi(b), Pete Newdeck(ds), Michael Riesenbeck(per)が参加している。1曲目からゾクゾクする。SHYのそのサウンドにかなり近いせいかTonyのボーカルも生き生きしているような感覚になる。明瞭なメロディラインにAメロ/Bメロに強弱の差、そして強力なサビ、そんな曲展開がTonyのボーカルでより一層響いてくる。加えてR.Blackmore系のクラシカルなギターソロまで揃っていればメロハーファンは文句も言えないだろう。Tonyファンにとっては会心の一枚、今後の活動に大きく期待したが、1枚きりのプロジェクトか?
Keep The Dream Alive 『Keep The Dream Alive
     /Tony Mills & Siv-Anita Strickert』
 01. Keep The Dream Alive
MP3
??
2008/9/19
Kurts Plateselskap
 
A Farewell To Arms 『A Farewell To Arms/TNT』
 01. Engine
 02. Refugee
 03. Ship In The Night
 04. Take It Like A Man - Woman!
 05. Come
 06. Barracuda
 07. A Signature On A Demon's Self-portrait
 08. Don't Misunderstand Me
 09. A Farewell To Arms
 10. Someone Else
 11. God Natt, Marie
 12. Not Only Lonely (Bonus Track)
CD
JP
2010
TNT Records
 /AVALON
MICP-10956
加入して3枚目。やっとTonyが参加した感じが前面に出てきた様な感じがする。メロディラインもTonyらしさが随所に出ているし、TonyのボーカルとRonnieのギターが思いのほかマッチするんだと言う事がこのアルバムを聴くとよく分かる。一気に最後まで聞きたくなる痛快なHard Rockアルバム、不思議な感覚を抱きながらも、爽快な感じがする。名盤だと思う。
A Touch Of Heaven 『A Touch Of Heaven/Serpentine』
 01. A Touch Of Heaven
 02. Whatever Heartache
 03. Lonely Nights
 04. For The Love Of It All
 05. Let Love Rain Down
 06. In My Blood
 07. Fashion
 08. We Belong
 09. Love Suicide
 10. Unbreak My Heart
 11. Bridge To My Heart(Japanese Bonus Track)
CD
JP
2010
AOR Heaven/Avalon
MICP-10898
Tony Mills(vo), Gareth David Noon(key), Christpher Gould(g), Gareth Vanstone(b), John Clews(g)の5人の他にCharlie Skeggsがゲストでドラムを叩く。
China Blueと比較するとより一層SHYっぽさを感じる作品。解説にはJourney的とかTOTO的、Magnum的、FM的とまで揶揄されているが、それのどれにでも当てはまる事なく、Tony Mills的と言って良いほどTonyらしい1枚と言えよう。TNTの活動がありつつSERPENTINEの活動がどうなるかわからないが大きく期待したい。
Point Of Destiny 『Point Of Destiny/State Of Rock』
 01. Black And Blue
 02. Without My Love
 03. Heartless Dreamer
 04. Don't Make Me Cry
 05. Hanging In The Balance
 06. Freedom
 07. Count Me Out
 08. A Point Of Destiny
 09. Friction
 10. Somewhere
 11. Desperation
CD
JP
2010
Metal Heaven/Happinet
HMCX-1090
Tony Mills(vo), Robby Bobel(g), Hutch Baner(b), Rami Ali(ds)と言う、FRONTLINEと言うバンドとTonyが融合した。Tonyの活動が多岐に渡り混沌としている中ではあるが、新たなバンドとして登場したのが"State Of Rock"だ。これまでTonyが参加してきたそれぞれのアルバムとも魅力的だが、どれよりもTonyっぽく素晴らしいアルバムが登場した。特に日本盤にのみ収録された11だ。印象的なメロディラインに「日本盤だけでは勿体ない」と思ってしまうくらい。このアルバムを最後まで聞いてしまうと、SHYのアルバムが無償に聞きたくなるくらいSHYへの思いが強くなるのも事実だ。
Unity 『Unify/KAISAS』
 01. Sins Of Mankind
 02. Chemistry
 03. Surrender
 04. Mystery Man
 05. Innocent Cry
 06. Jingle Bells
 07. Somewhere Someplace
 08. All Unite
 09. The Whole Picture
 10. Take Away Your Pain
 11. That's Me
 12. Rock You
CD
UK
2011
Copro Records
CSK301
Tony Mills(vo), Babis Ka'i'sas(g/b), Acacio Carvalho(ds)と言う3ピースのバンドだが、リーダーと思われるBabisがギターとベースを担当していることからすると、アルバムだけの活動なのかも知れない。日本盤がリリースされておらず詳しい解説はないが、彼らのPVを見るとTonyは出演しておらず、Babisのみの出演でポスターで三人が並んでる中での登場になっている。パーマネントなバンドではないかもしれない。内容は、Tonyのボーカルに着目するとQueensryche的なSIAMのアプローチに近い。サウンドはミディアムテンポの曲が多く、Tonyの声も上手く活かされてるように思う。ネット配信のみ13曲目にDokkenのカバー"In My Dreams"が収録されている。
Living And Dying In High Definition 『Living And Dying In High Definition/Serpentine』
 01. Deep Down (There's A Price For Love)
 02. Philadelphia
 03. Dreamer
 04. Love Is Blue
 05. Where Do We Go From Here ?
 06. Cry
 07. Best Days Of Our Lives
 08. Heartbreak Town
 09. Nuremberg
 10. Forgotten Heroes
 11. Lonely Nights 2011 (featuring Matt Black)
 12. Dreamer (Radio Mix)
CD
JP
2011
AOR Heaven/Avalon
MICP-11003
John Clewsが脱退し、Roy Millward(ds)が加入する。しかし、このアルバムの発売前にボーカルがTonyからMatt Black(アルバムではバッキングボーカル担当)に交替する事が発表されるが、アルバム自身はTonyが担当している。内容は前作の延長線上のものとなっていて、どこを切っても前作通りのSARPENTINEの魅力を味わう事が出来る。Tonyのボーカルもバンドの中で生き生きとしているが、このアルバムでSARPENTINEでのボーカリストが最後と言うのは残念なところだ。
From Oslo with Love 『From Oslo with Love ...』
 01. Interaction
 02. Keep The Faith
 03. Only Love Knows Why
 04. Young Americans
 05. Interaction
 06. Dreams
 07. It Ain't Easy
 08. Open Your Eyes
 09. Somebody Up There
 10. In For The Kill
 11. Sleepwaves
 12. The Healer
 13. Nightflight To Heaven
 14. When Two Worlds Collied
 15. Salvation In The City
 16. The Queen Of Swords
 17. The Language Of Menace
 18. Unbreak My Heart
 19. Freeway To The Afterlife
MP3
??
2011
Anthony Mills Music
今後、増えるかも知れないMP3メディアのみのリリース盤。曲目を見ると分かるがSIAMとソロの曲を中心としたベスト盤になっている。Serpentaineのアルバムからも収録されているのも嬉しいが、06はこのアルバムの為に収録し直したのかアコースティックバージョンになっている。また、04は未発表曲と思われる。確かにベスト盤ならネット配信のMP3でもいいかな。19曲と言うのもボリューミィだなと思ったら、1時間40分弱と言う事でCD2枚組レベルという事だ。
しかし・・・01と05が同じ曲?と言うのはどういう事だろう。ダウンロードサイトを見ると曲のTimeも同じなので確かだろう。なんでだろうか・・・?
Docker's Guild 『Season 1:The Age Of Ignorance
/The Mystic Technocracy Docker's Guild』
 01. A Matter Of Energy
 02. The Mystic Technocracy
 03. Darwin's Tears
 04. Norse Cosmogony (Part 1)
 05. Norse Cosmogony (Part 2)
 06. Judeo-Christian Cosmogony
 07. The Divine Comedy

 08. Legion Of Aliens *
 09. Loving The Aliens
 10. The Gem Of Love *
 11. The Secret Of DNA (Part 1) *
 12. Purple ORB *
 13. The Secret Of DNA (Part 2) *

 14. Prophecy
 15. Black Swans
CD
Finland
2012
Lion Music
LMC 325
パーマネントなバンドではないようだ。メンバーも曲ごとにトニーフランクリン、ジェフワトソン、ゲランエドマンなどが参加しているようだ。トニーミルズは曲目の「*」がついて8,10-13に参加している。曲は聞いてみると「えっ?こんな曲に参加してるの?」と言う疑問もわいてくるが、トニーのボーカルが入る事によってその音楽をも彼らしいものに変わってくる。作品全体に関しては好みではないが、トニーのちょっと違った一面が見れる(聞ける)のは興味深い。まぁ、演奏する側もボーカルに負けないようにと言う意味なのか無駄にイントロが長かったりでなかなかボーカルが登場しないと言う残念な一面もある。